• ホーム
  • Facebookでの出会いの利点と欠点

Facebookでの出会いの利点と欠点

パソコンを使う男性

Facebookを異性と出会うためのツールとして利用している人も少なくありません。
しかしながら、ある程度Facebookを継続して使っており暗黙のうちに漂っている交流ルールのようなものや、怪しいアカウントを見極める感覚を持っていないとトラブルに遭遇するリスクを高めてしまうことになります。
Facebookのメリットは基本が実名登録でなければならないため、現実でもそのアカウントの人物が社会的な立場を持って存在するという証にもなっている点にあり、Facebook上での交流で意気投合したのち現実に出会うシーンが訪れたとしても特に違和感なく、さらに交流が深められるという良い結果に繋がりやすい利点があります。

その反面、いかに基本が実名登録と言ってもFacebookにおいても偽名を使って本人以外の写真で登録することが不可能ではありません。
そのため、詐欺被害に遭うリスクや現実の場で出会ったとたん勧誘を受けたり商品購入を強いられたりするケースがあることが注意点として挙げられています。
Facebookでは友人知人の知り合いではなく、容姿端麗な顔写真を掲載している異性から突然友達申請が来た場合はほぼ確実に詐欺で、危険なサイトをクリックさせられ個人情報を抜かれたり、ウイルス感染のリスクにもさらされるため必ずブロックすることが推奨されています。

Facebookのそういった注意点を知らないままで実名登録が基本のSNSと信用し過ぎてしまい、好ましい異性と出会うために積極的な利用を開始するのはかなり危険と言えます。
匿名利用が基本のTwitterでは警戒心を働かせている人も、実名で顔写真があるからとFacebookでは油断してしまって商品販売や会員登録など勧誘目的の異性に引っ掛かってしまうケースもあるため、アカウント登録後ある程度の判断力を養ってから、出会うためのツールとして本格活用を始めるほうが安全です。

Facebookでは企業や個人事業での広告宣伝やブランディング戦略に非常に便利なFacebookページが設けられていることもあって、シンプルに異性と出会うツールとしてはやや広告や売り込みが多いSNSでもあります。
アカウント登録後ある程度Facebookを使い慣れて来ると、相手のアカウントから受ける印象で信用できる人物かどうか判断が可能になってきます。
ビジネス目的で利用しているユーザーが少なくないSNSであることを常にしっかり認識して、その利点と欠点を見極めながら、理想的な相手と出会う機会を焦らずに模索して行く姿勢が大切です。